■ 「悪ラス」11話。婚約破棄上等と開き直ったアイリーンにドレスが届く

12月10日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」第11話「いつだって悪役令嬢は断罪される」のあらすじと場面が公開された。
誤解から気持ちがすれ違ってしまったアイリーンとクロード。「婚約破棄すれば処刑されずにすむ」とやけになったアイリーンは、仕事に打ち込もうとする。そんなアイリーンの元に、クロードから舞踏会用のドレスが届く。誘惑した時はすげなくて、諦めようとしたら追いかけてくる……。クロードにモヤモヤさせられっぱなしのアイリーンはアヒル姿で舞踏会へと出かけるが、対面した彼の口からは驚きの言葉が飛び出す。

■TVアニメ「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」とは
原作は永瀬さらささん、原作イラストは紫真依さん、監督は羽原久美子さん、シリーズ構成・脚本は猪原健太さん、キャラクターデザインは牧内ももこさん・小島えりさん・大場優子さん、音楽は田渕夏海さん・中村巴奈重さん・櫻井美希さん・青木沙也果さん・佐久間奏さん、アニメーション制作はMAHO FILM。

「君との婚約は破棄させてもらう」
きらびやかな夜会で突然放たれた婚約破棄の言葉。アイリーン・ローレン・ドートリシュはそのショックで前世の記憶を取り戻し、現状を把握した。ここは、前世でハマった乙女ゲーム『聖と魔と乙女のレガリア』の中。自分はゲームのヒロインの恋路を邪魔する、悪役令嬢・アイリーンであることを!

前世の記憶だと、アイリーンのこの先は雑な死に方をする破滅ルートだけ。破滅フラグの起点であるラスボスの魔王・クロードを攻略して恋人にしてしまえば、フラグを回避できるかもしれない!そう考えたアイリーンは、美しき魔王に宣言する。
「結婚していただきたいの!」

一発逆転、幸せを掴み取るためのアイリーンの旅が始まる――。

アイリーン・ローレン・ドートリシュ役を高橋李依さん、クロード・ジャンヌ・エルメイア役を梅原裕一郎さん、セドリック・ジャンヌ・エルメイア役を増田俊樹さん、キース・エイグリッド役を福山潤さん、ベルゼビュート役を小野友樹さん、リリア・レインワーズ役を花澤香菜さん、アイザック・ロンバール役を内田雄馬さん、ジャスパー・バリエ役を安元洋貴さん、ドニ役を吉永拓斗さん、リュック役を神尾晋一郎さん、クォーツ役を宮崎遊さん、アーモンド役を杉田智和さんが演じる。

(C)永瀬さらさ・紫真依/KADOKAWA/悪ラス製作委員会2022
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2023年2月5日(日)

2023年2月3日(金)

2023年2月2日(木)

2023年2月1日(水)

2023年1月31日(火)