■ 「火狩りの王」メインビジュルと第1話の一部シーンが先行公開

2023年1月14日より放送・配信されるWOWOWオリジナルアニメ「火狩りの王」のメインビジュアルと第1話の一部シーンが公開された。

下部に描かれているのは、主人公・灯子と狩り犬・かなたが森で出会い、物語が大きく動き出すシーン。上部には、首都や工場地帯を背景に立ち並ぶ登場人物たち。森と都市、2つの世界が交差するときなにが起こるのか。そして、空をつらぬく一途の光が意味するものとは。


人類最終戦争後の世界。大地は炎魔が闊歩する黒い森におおわれ、人々は結界に守られた土地で細々と暮らしていた。最終戦争前に開発・使用された人体発火病原体によって、この時代の人間は、傍で天然の火が燃焼すると、内側から発火して燃え上がってしまう。この世界で人が安全に使用できる唯一の<火>は、森に棲む炎魔から採れる。火を狩ることを生業とする火狩りたちの間で、あるうわさがささやかれていた。「最終戦争前に打ち上げられ、永らく虚空を彷徨っていた人工の星、<揺るる火>が、帰ってくるー」と。"千年彗星〈揺るる火〉を狩った火狩りは、<火狩りの王>と呼ばれるだろう"紙漉きの村に生まれ、禁じられた森に入って炎魔に襲われたところを、火狩りに助けられた灯子。首都に生まれ、母を工場毒で失い、幼い妹を抱えた煌四は"燠火の家"に身を寄せることを決意する。灯子と煌四、二人の生き様が交差するとき、あらたな運命が動きだすー

原作は日向理恵子さん、キャラクター原案は山田章博さん、監督は西村純二さん、構成・脚本は押井守さん、キャラクターデザインは齋藤卓也さん、総作画監督は齋藤卓也さん・黄瀬和哉さん・海谷敏久さん、音楽は川井憲次さん、音響監督は若林和弘さん、アニメーション制作はシグナル・エムディ。

灯子役を久野美咲さん、煌四役を石毛翔弥さん、明楽役を坂本真綾さん、炉六役を細谷佳正さん、綺羅役を早見沙織さん、緋名子役を山口愛さん、クン役を國立幸さん、照三役を小林千晃さん、火穂役を小市眞琴さん、油百七役を三宅健太さん、火華役を名塚佳織さん、焚三役を宮野真守さん、灰十役を三木眞一郎さん、紅緒役を原優子さん、ほたる役を宮本侑芽さん、炸六役を真木駿一さん、炎千役を上田燿司さん、火十役を綿貫竜之介さん、ヤナギ役を大原さやかさん、キリ役を嶋村侑さん、ひばり役を石田彰さんが演じ、ナレーションは榊原良子が担当する。

(C)日向理恵子・ほるぷ出版/WOWOW
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2023年2月1日(水)

2023年1月31日(火)

2023年1月30日(月)

2023年1月29日(日)

2023年1月27日(金)