■ 「カッコウの許嫁」23・24話。凪とエリカは洋平の誕生日会に招待される

10月1日よりテレビ朝日系全国ネット“NUMAnimation”にて放送されるTVアニメ「カッコウの許嫁」23羽目「これからどうしよっか」、24羽目(最終回)「二人が幸せならそれが一番じゃん」のあらすじと場面、予告が公開された。

▼23羽目「これからどうしよっか」
旅行を終え東京へ帰る4人。エリカは宗助が日本にいることがわかり、前向きに彼を捜そうとする。一方、ひろは突然、凪と2人で行きたいところがあると言い出して……。

▼24羽目「二人が幸せならそれが一番じゃん」
海野家で開かれる洋平の誕生日会に招待された凪とエリカ。楽しいひと時を満喫する中、洋平と奈美恵は許嫁関係に対する本心を語りだす。

■TVアニメ「カッコウの許嫁」とは
吉河美希先生の赤ちゃん取り違えから始まる同名人生交錯×四角関係ラブコメが原作。総監督は赤城博昭さん、監督は白幡良志之さん、シリーズ構成は中西やすひろさん、キャラクターデザインは髙野綾さん、アニメーション制作はシンエイ動画/SynergySP。

赤ちゃんの頃に取り違えられ、ついに本当の両親と面会することになった高校生・海野凪。その日、名門お嬢様学校の女子高生・天野エリカに偶然出会い、許嫁との結婚を阻止したい彼女の頼みで半ば強引に彼氏役を演じることになってしまう。……だが、この2人こそが取り違えられた子どもであり、許嫁だった! 2人の子どもが愛しい親たちによって凪とエリカは両家公認の許嫁関係となり、同居生活を送ることに。クラスメイトの瀬川ひろに恋する凪と父親に反発するエリカが取り決めたのは、「お互い一切関与しないこと」。ちぐはぐで、どたばたな人生交錯ラブコメディがスタート!

海野凪役を石川界人さん、天野エリカ役を鬼頭明里さん、瀬川ひろ役を東山奈央さん、海野幸役を小原好美さん、海野洋平役を木村良平さん、海野奈美恵役を日笠陽子さん、天野宗一郎役を森川智之さん、天野律子役を有賀由樹子さんが演じる。

(C)吉河美希・講談社/カッコウの許嫁製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年12月5日(月)

2022年12月4日(日)

2022年12月2日(金)

2022年12月1日(木)

2022年11月30日(水)