■ 「であいもん」11話。雪を見て一果は緑松に預けられた日を思い出す

6月15日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「であいもん」第十一話「よきかな」のあらすじと場面が公開された。
風邪をひいて寝込む和は朦朧とする意識の中で、学生時代に夢を追って上京した先輩のことを思い出す。夜、和の看病をしていた一果がふと窓に目をやるとちらちらと雪が舞っている。バレンタイン前日は雪。降り積もる雪を見て、一果は「緑松」に預けられた日のことを思い出す。雪に良い思い出がないと言う一果に、和は雪だるまづくりで新たな思い出を作る。

■TVアニメ「であいもん」とは
京都を舞台に<人と人を和菓子が繋ぐ>心温まる絆の物語。原作は浅野りんさん、監督は追崎史敏さん、シリーズ構成は吉田玲子さん、キャラクターデザイン・総作画監督は渋谷秀さん、アニメーション制作はエンカレッジフィルムズ、製作は緑松。

夢を追って上京するも、父の入院を知らされ実家の和菓子屋・緑松を継ぐことを決めた納野和。しかし店には跡継ぎ候補で看板娘の少女・雪平一果が、納野家に居候をしながら働いていた。和は一果の親代わりを任されるも、一度は跡継ぎを断ったことを理由に冷たい態度をとる彼女と働くうちに、ある一面を知ることに…。

納野和役を島﨑信長さん、雪平一果役を結木梢さん、納野平伍役を小山力也さん、納野富紀役を大原さやかさん、巽政役を岩崎ひろしさん、お鶴さん役をゆきのさつきさん、瀬戸咲季役を永塚拓馬さん、堀河美弦役を鈴木みのりさん、松風佳乃子役を髙橋ミナミさん、私市緋色役を早見沙織さん、雪平巴役を松岡禎丞さん、納野一光役を及川いぞうさん、納野倭世役を吉田美保さんが演じる。

(C)RIN ASANO/緑松
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年11月27日(日)

2022年11月25日(金)

2022年11月24日(木)

2022年11月23日(水)

2022年11月22日(火)