■ 「薔薇王の葬列」17話。着々と王座へと迫るリチャードだが母が民衆を

5月8日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「薔薇王の葬列」#17「Because God has chosen this bloody demon.」のあらすじと場面が公開された。
ヘイスティングスと王太后・エリザベスによる、リチャードを失脚させるための計画が実行された。しかし、エドワード四世とエリザベスの間に生まれたエドワード五世が、正統な王ではないということが明らかにされ、エドワード五世とその弟はロンドン塔に幽閉された。着々と王座へと迫るリチャード。だが、母・セシリーは「悪魔を王にしてはならない!」と民衆を扇動する。詰めかけた民衆の前に立ったリチャードとバッキンガムは世紀の大芝居を打つ。

■TVアニメ「薔薇王の葬列」とは
原作は菅野文さん、監督は鈴木健太郎さん、シリーズ構成・脚本は内田裕基さん、キャラクターデザインは橋詰力さん、音楽は大谷幸さん、アニメーション制作はJ.C.STAFF。

中世イングランド。ヨーク家とランカスター家が王位争奪を繰り返す薔薇戦争時代。ヨーク家の三男として生まれたリチャードは、母からは「悪魔の子」と疎まれる一方、同じ名を持つ父からは真っ直ぐな愛情を受けて育っていた。リチャードの願いは、この世の光である父・ヨーク公爵が王位に就くこと。だがリチャードの純粋な願いは、イングランドに戦乱の嵐を招くことになる。さらにリチャードは、男女二つの性を持って生まれたという秘密があった。誰にも明かせぬ秘密を胸に秘めたまま、リチャードもまた戦いの渦中に巻き込まれていく。そこで待つのは愛の温もり、絶望の痛み。痛ましくも美しい邂逅と別離が、「悪」への道へとリチャードを誘っていく――。

リチャード役を斎賀みつきさん、ヘンリー役を緑川光さん、ヨーク公爵リチャード役を速水奨さん、エドワード役を鳥海浩輔さん、ジョージ役を内匠靖明さん、ウォリック伯爵役を三上哲さん、ケイツビー役を日野聡さん、マーガレット王妃役を大原さやかさん、エドワード王太子役を天﨑滉平さん、アン役を鈴代紗弓さん、イザベル役を真野あゆみさん、エリザベス役を伊藤静さん、セシリー役を久川綾さん、バッキンガム役を杉山里穂さん(第1クール)、ジャンヌダルク役を悠木碧さんが演じ、ナレーションを大塚芳忠さんが担当する。

(C)菅野文(秋田書店)/薔薇王の葬列製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2023年3月30日(木)

2023年3月29日(水)

2023年3月28日(火)

2023年3月27日(月)

2023年3月26日(日)