■ 「ダンス・ダンス・ダンスール」1話。バレエなんてやるわけねー!!

4月8日よりMBS/TBS系 全国28局ネット「スーパーアニメイズム」枠ほかにて放送されるTVアニメ「ダンス・ダンス・ダンスール」第1幕のあらすじと場面が公開された。
「やるわけねーだろ、バレエなんて!」
幼少期にバレエを諦めた中学2年生の村尾潤平は、「男らしく」あろうとジークンドーに精を出していた。そんなある日、潤平の"跳び蹴り"を見たクラスメイト・五代都から、一緒にバレエをやろうと誘われる。わけもわからず連れてこられた場所は、彼女の母親が開いたバレエスタジオ。そこで、「あのとき」の感覚が蘇り……。

■TVアニメ「ダンス・ダンス・ダンスール」とは
原作はジョージ朝倉さん、監督は境宗久さん、シリーズ構成は成田良美さん、キャラクターデザインは長谷川ひとみさん、総作画監督は長谷川ひとみさん・小美野雅彦さん・黒岩裕美さん、副監督は清水久敏さん、バレエ演出は大谷肇さん、バレエ作画監督は桑原剛さん・小笠原篤さん、音楽は未知瑠さん、制作はMAPPA。

中学2年生の村尾潤平は、幼い頃にバレエに魅了されるも父の死をきっかけにその道を諦め、「男らしく」あろうとジークンドーに通っていた。ある日、クラスメイトの五代都にバレエへの興味を見抜かれ、一緒にやろうと誘われる。都の母親が開くバレエスタジオに出入りするようになった潤平は、かつての情熱を再燃させ、バレエを習うことになるのだが――。潤平の前に現れたのは、バレエの英才教育を受けた孤高の天才・森流鶯。潤平は圧倒的な実力差に打ちのめされるが、その熱量はますます高まるばかり。流鶯もまた知らず知らずのうちに潤平に触発されていく。そして、2人の前にさらなる高みを目指す者たちが現れ――。華麗なダンスの裏で、もがき続ける少年少女たち。青春の衝動が、今、ぶつかり合う。

村尾潤平役を山下大輝さん、森流鶯役を内山昂輝さん、五代都役を本渡楓さん、安田海咲役を天﨑滉平さん、田倉大和役を西山宏太朗さん、生川夏姫役を福圓美里さん、姫乃小路寿役を井之上潤さん演じる。

(C)ジョージ朝倉・小学館/ダンス・ダンス・ダンスール製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年6月29日(水)

2022年6月28日(火)

2022年6月27日(月)

2022年6月26日(日)

2022年6月25日(土)