■ 「ハコヅメ」8話。川合は痴話げんかの場で興奮状態の女性を説得

2月23日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」第8話「正義の暴走」「筋肉バカ」のあらすじと場面が公開された。
川合の先輩の敷根は、後輩や女性警官に対する上から目線で周囲を辟易とさせていた。臨時で敷根とペアを組むことになった川合は、市民に対しても高圧的な敷根の姿を目の当たりにする。その態度がトラブルを引き起こしてしまう。別の日、格闘技の技術や体力に自信が持てない川合がいた。通報を受けて立ち会った痴話げんかの場で、興奮状態の女性を言葉で説得しようとするが!?

■TVアニメ「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」とは
泰三子先生がモーニングに連載中の交番女子のやけにリアルな日常を描いた前代未聞の警察コメディー。監督は佐藤雄三さん、シリーズ構成は金月龍之介さん、キャラクターデザインは土屋圭さん、アニメーション制作はMADHOUSE。

「警察官なんて、もう辞めてやる!」
公務員試験を片っ端から受けて、合格したのは警察官だけ。考えつく限り、最も浅い理由で警察官になった川合麻依は後悔していた。こんなに激務で嫌われ者だって知ってたら、絶対に警察官になんてなってない! 辞表を握りしめて、第二の人生を歩むことを決意する川合のもとに、新しい指導員としてやってきたのは、警察学校を主席で卒業し、“ミス・パーフェクト”の異名を持つ元刑事課のエース・藤聖子。後輩へのパワハラが過ぎて、刑事課から交番に異動してきたという藤の噂に怯える川合だったが、さっそくペアとしてパトロールに向かうことに......。新人警察官・川合と元刑事課のエース・藤の凸凹ペアを中心に、個性豊かで魅力的な警察官たちが巻き起こす笑って驚いて、ときどき涙しちゃうお仕事コメディが今、幕を開ける! 臨場せよ! これがリアル(?)で新しい交番女子の物語だ!

川合麻依役を若山詩音さん、藤聖子役を石川由依さん、源誠二役を鈴木崚太さん、山田武志役を土屋神葉さん、牧高美和役を花澤香菜さん、副署長役をケンドーコバヤシさん、北条保役を小山力也さんが演じる。

原作コミックは第19巻まで発売中だ。

(C)泰三子・講談社/ハコヅメ製作委員会
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年6月29日(水)

2022年6月28日(火)

2022年6月27日(月)

2022年6月26日(日)

2022年6月25日(土)