■ 「天才王子の赤字国家再生術」1話。隠居のために国力上げようと

1月11日よりTOKYO MX、BS日テレ、AT-Xにて放送されるTVアニメ「天才王子の赤字国家再生術」第1話「そうだ、国を売ってトンズラしよう」のあらすじと場面が公開された。
父である国王が倒れ、補佐官のニニムと共にナトラ王国を導くことになったウェイン王子。しかし、王国は経済、軍事、人材……そのどれもが行き詰まっていた。国を売って早々に隠居したいウェインは、他国に高く買ってもらうためにしぶしぶ国力を上げようとする。そんな中、隣国のマーデン王国がナトラ王国に進軍を開始。やる気のないウェインだが、武官たちの士気は高まっており……。かくして、戦端の火蓋が切られるのだった。

■TVアニメ「天才王子の赤字国家再生術」とは
原作は鳥羽徹さん、キャラクター原案はファルまろさん、監督は玉川真人さん、副監督は蔡欣亞さん、シリーズ構成は赤尾でこさん、キャラクターデザインは應地隆之介さん、音楽は佐橋俊彦さん、アニメーション制作は横浜アニメーションラボ。

覇権国家の脅威に晒される弱小国家・ナトラ王国。若くして国を背負うことになった王子・ウェインは、補佐官のニニムに支えられながら、才能を活かした見事な手腕を発揮し始める。でも、この国……めちゃくちゃ詰んでる! 内政に手を入れようにも金がない。よそから奪おうにも軍事力がない。まともで優秀な人材は他国に流出してしまう。
「早く国売ってトンズラしてえ」
ウェインの願いは、とっとと隠居して悠々自適の生活を送ること。大国に媚びを売り、国を売れば夢が叶うはず。しかし、外交も軍事も予想外の方向へ転がってしまい……!?

ウェイン・サレマ・アルバレスト役を斉藤壮馬さん、ニニム・ラーレイ役を高橋李依さん、フラーニャ・エルク・アルバレスト役を千本木彩花さん、ロウェルミナ・アースワルド役を東山奈央さん、フィシュ役を日笠陽子さん、ナナキ役を榊原優希さん、ゼノ役を中島由貴さん、ハガル役を菅生隆之さん、ラークルム役を濱野大輝さん、グリュエール役を大塚明夫さん、トルチェイラ役を釘宮理恵さん、カルドメリア役を能登麻美子さん、ディメトリオ役を木島隆一さん、バルドロッシュ役を松田健一郎さん、マンフレッド役を河西健吾さんが演じる。

(C)鳥羽徹・SBクリエイティブ/天才王子製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年5月28日(土)

2022年5月27日(金)

2022年5月26日(木)

2022年5月25日(水)

2022年5月24日(火)