■ 「リーマンズクラブ」に濱野大輝、村瀬歩、土岐隼一、岡本信彦ら

1月22日よりテレビ朝日系全国24局ネット"NUMAnimation"枠にて放送されるTVアニメ「リーマンズクラブ」の追加キャラクターとキャストが発表された。トマリ運輸所属の選手・外崎士龍役を濱野大輝さん、間柴勇歩役を土岐隼一さん、猿橋佑慧役を岡本信彦さん、郷倉虎徹役を杉田智和さん、トマリ運輸の監督・松下幸治役を伊丸岡篤さんが演じる。

▼外崎士龍(CV:濱野大輝さん)
トマリ運輸に所属するバドミントン選手。建のことを「タツ兄さん」と呼び慕っている、兄貴肌のイカつい男。パワーショットが強みで、スピードもトップクラス。現在は梓馬とペアを組んでいる。まっすぐで、思ったことはすぐ口に出してしまう不器用な性格。

▼間柴勇歩(CV:土岐隼一さん)
トマリ運輸に所属するバドミントン選手。気合と根性、そしてなにより筋肉を愛する熱血漢。喜びも悲しみもすべて筋肉と共に味わっている。筋肉を鍛えるために応援団長である戸鞠彩佳の作った特製プロテインを飲んでいる。物事の判断基準は筋肉。

▼猿橋佑慧(CV:岡本信彦さん)
トマリ運輸に所属するバドミントン選手。郷倉虎徹とペアを組んでいる。郷倉のことを「テツさん」と呼び慕っており、郷倉が「佑慧…」と一言喋れば言いたいことを全て汲み取ることができる。血の気が多くガラが悪いが、どこか憎めない。

▼郷倉虎徹(CV:杉田智和さん)
トマリ運輸に所属するバドミントン選手。猿橋佑慧とペアを組んでいる。梓馬が加入するまでは外崎とペアを組んでいた。大柄でパワー型のプレースタイルが特徴。寡黙で口数が少なく、1単語より長い言葉を話すことは非常にまれ。

▼松下幸治(CV:伊丸岡篤さん)
トマリ運輸バドミントン部の監督。体育会系チームの監督だが、冷静で物腰も丁寧。皮肉には皮肉で返すしたたかさも持っている。梓馬のメンタルの強さを信じてトマリ運輸にスカウトした。なかなかの食わせ者。

■TVアニメ「リーマンズクラブ」とは
バドミントンの実業団選手を題材に、サラリーマンとしての日常、スポーツ選手としてのドラマの異なる2面を描く。原作はTeam RMC、監督は山内愛弥さん、シリーズ構成は内海照子さん・山内愛弥さん、キャラクター原案はヤスダスズヒトさん、キャラクターデザインはまじろさん、音楽はfox capture plan、アニメーション制作はライデンフィルム。

天才的な観察眼で、バドミントン選手として活躍していた白鳥尊。しかし、インターハイでのトラウマが原因で、思うようなプレーができずにいた。社会人選手として所属していた強豪チーム・ミツホシ銀行をクビになった尊。選手としての再起をかけて、サンライトビバレッジに入社した彼を待ち受けていたのは、慣れない会社員としての仕事に、結果の出せていない弱小バドミントン部...。おまけに、ガサツで、声がでかくて、やたらと距離の近いおっさん...宮澄建。元・天才の新人社会人と、豪快おっさん"バドリーマン"。何もかもが正反対のコンビが生まれたとき、諦めかけていた夢が、ふたたび幕を開ける。

白鳥尊役を榎木淳弥さん、宮澄建役を三木眞一郎さん、佐伯蒼汰役を石川界人さん、佐伯橙也役を逢坂良太さん、竹田浩輝役を柿原徹也さん、霧島隼人役を福山潤さん、立花梓馬役を八代拓さん、霧島琢磨役を内田雄馬さん、荻野目大樹役を小野友樹さん、美空綾斗役を村瀬歩さん、八神純役を石谷春貴さん、夏木陵役を野津山幸宏さん、宇津木雅彦役を浪川大輔さん、外崎士龍役を濱野大輝さん、間柴勇歩役を土岐隼一さん、猿橋佑慧役を岡本信彦さん、郷倉虎徹役を杉田智和さん、松下幸治役を伊丸岡篤さん演じる。

(C)Team RMC/サンライトビバレッジ広報部
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年5月28日(土)

2022年5月27日(金)

2022年5月26日(木)

2022年5月25日(水)

2022年5月24日(火)