■ 「テスラノート」10話。日本安全振興の欠片を虎視眈々と狙う者が

12月5日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「テスラノート」第10話「容疑者」についての考察」のあらすじと場面が公開された。
「テスラの欠片」の中には、感情をコントロールするもの、雷を操るもののほか、生物を融合・再生させる力があるものまで確認された。「小さな家(オナタスイタ)」が複数個所有し、なおかつ欠片のロックを解除できる装置まで保有する状況の中、日本安全振興株式会社も密かに欠片を所有していた。外部への流出を防ぐため、名誉会長の甚吾と鳥海だけしかその保管場所を知る者はいなかったが、虎視眈々とこの欠片を狙う者が現れたのである――。

■TVアニメ「テスラノート」とは
漫画:三宮宏太先生/原作:西田征史先生・久保忠佳先生の同名コミックが原作。監督は福田道生さん、シリーズ構成・脚本は西田征史さん、キャラクター原案はPOKImariさん、音楽は和田薫さん、アニメーション制作はギャンビット。

ニコラ・テスラ――かのトーマス・エジソンがその才能に嫉妬した天才発明家は、全ての発明の記録を水晶に保管した。忍者の末裔であり最高の諜報員として育て上げられた根来牡丹は、ノルウェーで起こった不可解な事件をきっかけにその水晶『テスラの欠片』を回収する任務へ召集された。そこにはコンビを組むこととなる自称No.1諜報員、クルマが待ち受けていた。『テスラの欠片』をめぐる、世界の破滅をかけたスパイたちの闘いが開幕!

根来牡丹役を小原好美さん、クルマ役を鈴木達央さん、高松隆之介役を前野智昭さん、ミッキー・ミラー役を諏訪部順一さん、オリバー・ソーントン役を神谷浩史さん、氷見恭平役を中井和哉さん、根来甚吾役を麦人さん、鳥海賢介役を木内秀信さん、リリー・スタイネム役を伊藤静さん、ピノ役を石田彰さん、エルモ役を黒田崇矢さんが演じる。

(C)西田征史・久保忠佳・三宮宏太・講談社/ミッションT
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年1月17日(月)

2022年1月16日(日)

2022年1月15日(土)

2022年1月14日(金)

2022年1月13日(木)