■ 「最遊記RELOAD -ZEROIN-」は1/6~。ビジュアル、番宣PVなど

TVアニメ「最遊記RELOAD -ZEROIN-」の放送情報が発表された。2022年1月6日よりAT-X、TOKYO MXほかで放送される。

AT-X 2022年1月6日より毎週木曜23:00~
TOKYO MX 2022年1月6日より毎週木曜24:30~
BS11 2022年1月6日より毎週木曜24:30~
MBS 2022年1月8日より毎週土曜27:08~

原作は峰倉かずやさん、監督は髙田美里さん、シリーズ構成は横手美智子さん・松井亜弥さん、キャラクターデザイン・プロップデザイン・総作画監督は小倉典子さん、音楽は白戸佑輔さん、アニメーション制作はライデンフィルム。

GRANRODEOが歌うオープニング主題歌「カミモホトケモ」を聴くことができる番宣PVと、飲酒・喫煙・博打を嗜みながらも史上最年少の最高僧、玄奘三蔵のキャラクターPVが公開された。

かつては、人間と妖怪とが共存する平和な世界だった桃源郷。しかし、500年前に闘神 ナタク太子によって、天竺国の吠登城に葬られた大妖怪「牛魔王」を禁断とされている「化学と妖術の合成」によって復活を目論む者が現れた。その影響である「負の波動」が桃源郷全土に広がり、妖怪達は突如として自我を失い、凶暴化して人間を襲い始め混沌と化す桃源郷。事態を重く見た観世音菩薩は三仏神を通じ、玄奘三蔵に孫悟空、沙悟浄、猪八戒らを連れて西へ行くように命じる。「牛魔王」蘇生実験の阻止のため、4人の旅が始まった。旅の最中、四人は西から来たという謎の異国人ヘイゼル=グロースとその従者ガトという人物に出会う。妖怪の魂を使用して、人間を蘇生する不思議な術を使うヘイゼル達と成り行きで行動を共にする三蔵一行。だが、そこに彼らにとっての因縁の人物・烏哭三蔵法師が忍び寄る―――。

玄奘三蔵役を関俊彦さん、孫悟空役を保志総一朗さん、沙悟浄役を平田広明さん、猪八戒役を石田彰さん、ヘイゼル=グロース役を遠近孝一さん、ガティ=ネネホーク役を小山力也さん、烏哭三蔵&你健一役を大塚芳忠さんが演じる。

(C)峰倉かずや・一迅社/最遊記RE PROJECT
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年1月17日(月)

2022年1月16日(日)

2022年1月15日(土)

2022年1月14日(金)

2022年1月13日(木)