■ バドミントンの実業団選手描く「リーマンズクラブ」が2022年1月~

バドミントンの実業団選手を題材に、サラリーマンとしての日常、スポーツ選手としてのドラマの異なる2面を描くTVアニメ「リーマンズクラブ」が2022年1月よりテレビ朝日系全国24局ネット、BS朝日"NUMAnimation"枠ほかにて放送される。サラリーマンとして、スポーツ選手としてのそれぞれを描いた2枚のティザービジュアルとPVが公開された。

天才的な観察眼で、バドミントン選手として活躍していた白鳥尊。しかし、インターハイでのトラウマが原因で、思うようなプレーができずにいた。社会人選手として所属していた強豪チーム・ミツホシ銀行をクビになった尊。選手としての再起をかけて、サンライトビバレッジに入社した彼を待ち受けていたのは、慣れない会社員としての仕事に、結果の出せていない弱小バドミントン部...。おまけに、ガサツで、声がでかくて、やたらと距離の近いおっさん...宮澄建。元・天才の新人社会人と、豪快おっさん"バドリーマン"。何もかもが正反対のコンビが生まれたとき、諦めかけていた夢が、ふたたび幕を開ける。

原作はTeam RMC、監督は山内愛弥さん、シリーズ構成は内海照子さん・山内愛弥さん、キャラクター原案はヤスダスズヒトさん、キャラクターデザインはまじろさん、音楽はfox capture plan、アニメーション制作はライデンフィルム。

白鳥尊役を榎木淳弥さん、宮澄建役を三木眞一郎さん、佐伯蒼汰役を石川界人さん、佐伯橙也役を逢坂良太さん、竹田浩輝役を柿原徹也さんが演じる。

▼白鳥尊(CV:榎木淳弥さん)
サンライトビバレッジの営業部に所属する社会人バドミントン選手。かつては"神童"とまで呼ばれた天才選手だったが、インターハイでのトラウマが原因で、思うように結果が出せなくなっている。大食漢の上に辛党で、サンライトビバレッジのゲテモノ商品「納豆コーラ」が好きなど、味覚がかなり独特。

▼宮澄建(CV:三木眞一郎さん)
サンライトビバレッジの営業部に所属する社員であり、バドミントン部の選手の1人。会社員としても、部員としても後輩となった尊とペアを組むことになる。気さくで距離が近く、いつでも暑苦しいが、社内での営業成績は常にトップ。選手としての能力も高く、天才と称された尊にも引けを取らない。

▼佐伯蒼汰(CV:石川界人さん)
サンライトビバレッジの品質保証部に所属する社員であり、バドミントン部のシングルス選手。尊の同級生である佐伯橙也の兄。落ち着いた性格を反映したように、選手としても冷静なプレースタイルで、よく言えば堅実ではあるが、消極的となってしまうことも多い。ゲームが趣味。

▼佐伯橙也(CV:逢坂良太さん)
サンライトビバレッジの企画部に所属する社員で、バドミントン部のダブルス選手。尊とは高校時代の同級生。同じバドミントン部の竹田とペアを組んでおり、持ち前の瞬発力や直感で活躍している。生活費節約のために4歳年上の兄・蒼汰と二人暮らしをしている。

▼竹田浩輝(CV:柿原徹也さん)
尊や建と同じくサンライトビバレッジの営業部に所属する社員。バドミントン部ではダブルスの選手で、パートナーは橙也。コミュニケーション能力が高く、いつも明るくお調子者な言動が目立つが、実はあがり症で、本番にはめっぽう弱い。

(C)Team RMC/サンライトビバレッジ広報部
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年12月1日(水)

2021年11月30日(火)

2021年11月29日(月)

2021年11月28日(日)

2021年11月27日(土)