■ 陰陽師少年と女子中学生の大正怪奇ロマン 高橋留美子「MAO」第10巻

高橋留美子さんの漫画「MAO」第10巻が発売された。

陰陽師の少年・摩緒と女子中学生・黄葉菜花が活躍する大正怪奇ロマン。菜花は小学1年生のときに一家全員で事故に巻き込まれ、自分だけ生き残る。中学3年生になった菜花が事故現場を通るとなぜか妖怪だらけの大正時代へ。

陰陽師の少年・摩緒と出会い、「妖だろう」と言われると菜花の身体能力が覚醒。菜花は摩緒と話すうちに過去の事故が化け物のせいだと思い出す。菜花は自らの謎を解くために摩緒と行動をともにしていく。

小学館による内容紹介は以下の通り。各巻の試し読みができる。

第10巻電子版 (ebookjapan)
第10巻電子版 (Amazon)
第10巻書籍版 (楽天)
小学館「MAO 10」
※各巻の試し読み
WEBサンデー「MAO」

摩緒を恋い慕う、幽羅子の過去とは――

過酷な境遇の中、摩緒を想い続けた幽羅子。
その強くも哀しい恋心に、菜花の心は揺らぐ…
御降家の宿命に翻弄された、
呪いの器・幽羅子が望むものとは―――

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年12月1日(水)

2021年11月30日(火)

2021年11月29日(月)

2021年11月28日(日)

2021年11月27日(土)