■ エジプトの女王・ハトシェプストが題材の「碧いホルスの瞳」完結の第9巻

犬童千絵さんの漫画「碧いホルスの瞳」第9巻が発売された。

古代エジプトの王(ファラオ)・ハトシェプストを題材にした作品。男性が王座につくのが当たり前だった時代に、女ファラオとして君臨したハトシェプストの生涯が描かれる。

KADOKAWAによる内容紹介は以下の通り。各巻の試し読みができる。

第9巻電子版
第9巻書籍版
KADOKAWA「碧いホルスの瞳 9」
※各巻の試し読み
※ComicWalker(第1話)

女王の最期、そして彼女が現代に生きる私たちへ遺したものを描く完結巻!

古代エジプト第18王朝第5代ファラオ、ハトシェプスト。史上稀に見る英傑として名を残す彼女だが、その記録は何故か遺跡から削り取られている。もしも彼女に、栄光の裏で抱えていた思いがあったとしたら――? “ひとりの人間”として語られることのなかったハトシェプストの実像に迫る!

史実に基づく女帝の物語がついに完結。穏やかな死の「その後」を描き、新たなハトシェプスト像を刻み込んだ著者渾身の最終巻! 巻末のオマケ漫画「アヌビスは知っている」に加え、販促企画のカットや短編作品、描き下ろしイラストも多数収録。最後までみっちり楽しめる1冊。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年10月21日(木)

2021年10月20日(水)

2021年10月19日(火)

2021年10月18日(月)

2021年10月17日(日)