■ 大学航空部の青春「ブルーサーマル」アニメ映画化。2022.3公開

小沢かな先生の青く澄み渡る大空を舞台に躍動する大学航空部を描いた青春漫画「ブルーサーマル-青凪大学体育会航空部-」のアニメ映画化が決まった。2022年3月に公開される。

高校時代、バレーボール一筋で頑張ってきた都留たまき。大学では、「キラキラな恋がしたい!」と長崎から上京するも、入学早々オールラウンドサークルの体験入部中にグライダーを傷つけてしまい、空飛ぶ部活“体育会航空部”の雑用係をすることに。思い描いていたキャンパスライフとはかけ離れた環境に、最初は不満を抱いていたが、主将である倉持の操縦するグライダーで初めて《空》へ飛び立った瞬間から、一面に広がる空の美しさに魅了されていく。

たまきは過去の苦い思い出から“体育会”を避けていた。しかし、飛び立つたびに「もっと上手くなりたい」と空の世界に夢中になっていく。気づけば、目標に向かってともに励む先輩の空知や同期との間にも、固い絆が生まれていくのであった。そこには確かに彼女の求める“充実した大学生活“が存在していた。

様々な人の想いを乗せて、たまきは大空を翔ける。その先に待つ、過去のトラウマやライバルとの出会い、そして突然の別れ。果たして、《空》に恋した彼女たちは曇り空を抜け、奇跡の上昇気流ブルーサーマルに出会うことはできるのか―。

監督は橘正紀、脚本は橘正紀さん・高橋ナツコさん、アニメーション制作はテレコム・アニメーションフィルム。

都留たまき役を堀田真由さん、倉持潤役を島﨑信長さん、空知大介役を榎木淳弥さんが演じる。

小沢かな先生がアニメ化お祝いイラスト&キャスト似顔絵を公開した。
原作コミックは第5巻まで発売中だ。

(C)2022「ブルーサーマル」製作委員会
関連声優ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年10月22日(金)

2021年10月21日(木)

2021年10月20日(水)

2021年10月19日(火)

2021年10月18日(月)