■ 「ピーチボーイリバーサイド」8話。サリーはミコトと皇鬼の板挟み

8月19日よりTOKYO MX、BS日テレほかにて放送されるTVアニメ「ピーチボーイリバーサイド」第8話「仲間と仲間」のあらすじと場面が公開された。
賞金目当てでバルクェンド武術大会に出場するホーソン。そこへ、モモタロウへの復讐を果たすべく、轟鬼とその仲間たちが街を襲撃する。一方サリーは、鬼を皆殺しにしたいミコトと、鬼と人との共存を訴える皇鬼との間で板挟みにあっていた。轟鬼からモモタロウと勘違いされて、戦うことになってしまうホーソン。ホーソンを助けに向かおうとするサリーであったが――皇鬼はサリーを試すように、行く手に立ちはだかった。

■TVアニメ「ピーチボーイリバーサイド」とは
原作:クール教信者先生/漫画:ヨハネ先生の同名漫画が原作。監督は上田繁さん、シリーズ構成は大知慶一郎さん、キャラクターデザインは栗田聡美さん・加藤真人さん、アニメーション制作は旭プロダクション。

昔々のお話です。ある所におじいさんとおばあさんがおりました。おじいさんは山へ芝刈りにおばあさんは川へ洗濯に──(中略)ついには鬼を退治しましたが、外国にも鬼がいるようなので...桃太郎は海を渡りました。すごいのは倒したこと 喜ぶべきは救ったこと ただ一つ...駄目だったことは......────楽しんだことこれはもしもの話だが......もし流れてきた大きな桃が一つではないとしたら...日本に流れてきた桃が複数あるうちの一つに過ぎないとしたら...

サリー役を白石晴香さん、ミコト役を東山奈央さん、フラウ役をM・A・Oさん、ホーソン役を増田俊樹さん、キャロット:戸田めぐみさん、犬役を斉藤次郎さん、ウィニ役ーを戸松遥さん、ミリア役を峯田茉優さん、皇鬼役を平川大輔さん、轟鬼役を村井美里さん、ジュセリノ役を久保ユリカさん、アトラ役を鈴華ゆう子さんが演じる。

原作コミックは第9巻まで発売中だ。

(C)クール教信者・ヨハネ/講談社/「ピーチボーイリバーサイド」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年10月16日(土)

2021年10月15日(金)

2021年10月14日(木)

2021年10月13日(水)

2021年10月12日(火)