■ 「さよなら私のクラマー」11話。地蔵が驚愕のプレーで敵陣へと!!

6月13日よりTOKYO MXほかにて放送されるTVアニメ「さよなら私のクラマー」第11話「隣を走る人」のあらすじと場面が公開された。
浦和邦成戦はいよいよ後半戦へ。守備陣の献身により0対0のスコアドローで前半を凌いだワラビーズ。雨で悪化するピッチコンディションに後半は両チームともに苦戦する中、予選リーグ中は思うようにプレーができず偵察の結果「地蔵」と称された希が、深津のある指示を受け、敵味方問わず驚愕のプレーで敵陣へと切り込んでゆく。

■アニメ「さよなら私のクラマー」とは
男子サッカー部のなかで苦闘する中学生編が映画で公開され、女子サッカーの頂点を目指す高校生編がTVアニメで放送される。原作は新川直司先生。映画は恩田希が男子サッカー部のなかで苦闘する中学生編、TVアニメは女子サッカーの頂点を目指す高校生編。監督は宅野誠起さん、脚本は高橋ナツコさんキャラクターデザインは伊藤依織子さん、音楽は横山克さん、アニメーション制作はライデンフィルム。

女子高生サッカープレイヤー・恩田希。彼女は、藤第一中学校男子サッカー部での挑戦を経て、進学先の蕨青南高校で、待望の女子サッカー部へ入部する。でも、そこは"ずっと地方大会止まり"の弱小校だった!? ところが、蕨青南には個性派の新入部員がそろう。俊足のウィング・周防すみれや、中学生全国3位のボランチ・曽志崎緑、コーチには元日本代表のレジェンド・能見奈緒子が加入! 能見は彼女たちの初戦に、最高の練習試合をセッティングする。その相手は、高校日本一の久乃木学園! 次々に現れる強豪チームを前に、蕨青南は仲間と共に立ち向かっていく──!

ひとりぼっちでも、理解されなくても、男子と比べられても、心底、サッカーが好きだから。出会うべくして出会った、純真のイレブンが目指す、フットボールの頂点。いま、少女達は、女子サッカーの未来<フィールド>を駆け抜ける!

恩田希役を島袋美由利さん、越前佐和役を若山詩音さん、山田鉄二役を内山昂輝さん、竹井薫役を逢坂良太さん、谷安昭役を土屋神葉さん、恩田順平役を白石涼子さん、鮫島幸造役を遊佐浩二さん、周防すみれ役を黒沢ともよさん、曽志崎緑役を悠木碧さん、白鳥綾役を古城門志帆さん、田勢恵梨子役を嶋村侑さん、宮坂真琴役を山田麻莉奈さん、菊池類役を前田玲奈さん、岸歩役を和氣あず未さん、小紫沙織役を酒井美沙乃さん、御徒町紀子役を春野杏さん、加古川香梨奈役を長谷川玲奈さん、能見奈緒子役を甲斐田裕子さん、深津吾郎役を諏訪部順一さん、梶みずき役を早見沙織さん、井藤春名役を石川由依さん、佃真央役を小市眞琴さん、桐島千花役を牧野由依さん、天馬夕役を小林愛香さん、安達太良アリス役をきそひろこさん、花房圭役を大森日雅さん、山田鉄二役を内山昂輝さん、竹井薫役を逢坂良太さん、谷安昭役を土屋神葉さん、飛鳥永建役を黒田崇矢さん、鷲巣兼六役を山路和弘さん、九谷怜役を内山夕実さん、財前奈々美役を小松未可子さん、後藤田正弘役を速水奨さんが演じる。

(C)新川直司・講談社/さよなら私のクラマー製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年10月27日(水)

2021年10月26日(火)

2021年10月25日(月)

2021年10月23日(土)

2021年10月22日(金)