■ 「異世界魔王Ω」最終話。ダメージ受けディアヴロはルマキーナに

6月10日よりTBSほかで放送されるTVアニメ「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術 Ω」第10話(最終話)「神様演技」のあらすじと場面、予告が公開された。
地下から出現した魔導兵器・破壊神エウロパの攻撃により、ディアヴロはダメージを負ってしまう。エウロパの攻撃は魔術ではないため《魔王の指輪》で反射できず、さらにはバリアによりこちらの攻撃も届かない。「貴様にやってもらいたいことがある」──間一髪で攻撃を避けたディアヴロは、ルマキーナに協力を仰ぎ……。

■TVアニメ「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術Ω」とは
著:むらさきゆきや先生/イラスト:鶴崎貴大先生の同名ライトノベルが原作。監督は桑原智さん、シリーズ構成は筆安一幸さん、キャラクターデザインは金子志津枝さん、アニメーション制作は手塚プロダクション×オクルトノボル。

「ゲームで魔王やってたら、異世界に召喚された!?」──MMORPGクロスレヴェリにおいて坂本拓真は、他プレイヤーから“魔王”と呼ばれるほど圧倒的な強さを誇っていた。ある日、彼はゲーム内の姿で異世界へと召喚されてしまう。そこには「私こそが召喚主」と言い張る少女が2人いた。拓真は彼女たちから召喚獣用の奴隷化魔術をかけられる──しかし固有能力《魔術反射》発動!奴隷と化したのは少女たちで……!? 魔王(演技)が絶対的な強さで突き進む異世界冒険譚、開幕!

ディアヴロ役を水中雅章さん、シェラ・L・グリーンウッド役を芹澤優さん、レム・ガレウ役を和氣あず未さん、アリシア・クリステラ役を原由実さん、シルヴィ役を大久保瑠美さん、エデルガルト役を加藤英美里さん、クルム役を種崎敦美さん、メイ役を森嶋優花さん、セレスティーヌ・ボードレール役を千本木彩花さん、エミール役を置鮎龍太郎さん、キイラ役を石田彰さん、ガルフォード役を大塚明夫さん、ルマキーナ役を伊藤美来さん、ロゼ役を古賀葵さん、ホルン役を内村史子さん、ラムニテス役を赤﨑千夏さん、ゲイバルト役を興津和幸さん、トリア役を河瀬茉希さんが演じる。

原作のベルは第13巻まで発売中だ。

(C)むらさきゆきや・講談社/異世界魔王Ω製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年10月26日(火)

2021年10月25日(月)

2021年10月23日(土)

2021年10月22日(金)

2021年10月21日(木)