■ 「BLUE REFLECTION RAY/澪」6話。敗北続く仁菜の仄暗い過去

5月14日より “アニメイズム”枠にて放送されるTVアニメ「BLUE REFLECTION RAY/澪」第6話「心に茨を持つ少女」のあらすじと場面が公開された。
敗北が続き焦りを募らせる仁菜は、詩とのバディ関係を解消。次にバディ相手として望んだのは、”お姉さま”こと美弦だった。仁菜にとって美弦は、自分自身の過去すべてを捧げた人物であり、その出会いは特別なものだった。不遇の子供時代、母との決別、ピンクのキャリーケース、詩集……。仁菜の仄暗い過去が蘇る。

■TVアニメ「BLUE REFLECTION RAY/澪」とは
コーエーテクモゲームスのガストブランドより2017年に発売された「BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣」を原点に新たな少女たちの物語を紡ぐ。監督は吉田りさこさん、シリーズ構成・脚本は和場明子さん、キャラクター原案は岸田メルさん、キャラクターデザインは菊田幸一さん、アニメーション制作はJ.C.STAFF。

喜び、悲しみ、怒り─。人の想いは、誰もが持っている、しかし目には見えない力。その力は時として、世界さえも変えてしまうかもしれない。常に前向きで、困っている人がいれば放っておけない平原陽桜莉(ひらはらひおり)と、人と仲良くなろうとしても付き合い方が分からず、不器用な羽成瑠夏(はなりるか)。対照的ともいえる2人の少女の出会いは、彼女たち自身を、そして世界をどのように変えていくのか─。

平原陽桜莉役を石見舞菜香さん、羽成瑠夏役を千菅春香さん、田辺百役を高倉有加さん、白樺都役を大和田仁美さん、平原美弦役を上田麗奈さん、山田仁菜役を玉城仁菜さん、駒川詩役を田辺留依さん、水崎紫乃役を井澤詩織さんが演じる。

(C)コーエーテクモゲームス/AASA
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年10月25日(月)

2021年10月23日(土)

2021年10月22日(金)

2021年10月21日(木)

2021年10月20日(水)