■ 「ゲキドル」最終回。かをるはそこでかつて殺したはずの梓と再会

3月23日よりAT-Xほかで放送されるオリジナルTVアニメ「ゲキドル」Stage.12(最終回)「終わりよければすべてよし」のあらすじと場面が公開された。

グランドマテリアルシステムが起動すると、人々はヒモのようになって消滅していく。周囲の景色までもが変わり、晃たちが動揺する中、それでも 『 クロノゲイザー 』 の舞台を続けていくせりあとあいり、いずみ。一方、意識を取り戻したかをるは、そこでかつて殺したはずの梓と再会する。

■TVアニメ「ゲキドル」とは
原作・シリーズ構成はゲキドル製作委員会、チーフライターは大知慶一郎さん、キャラクター原案は関谷あさみさん、監督は上田繁さん、キャラクターデザイン・総作画監督は立石聖さん、メカデザインは今門卓也さん、アニメーション制作はフッズエンタテインメント。

謎の災害・世界同時都市消失から5年。世界は混乱の中にありながらも、少しずつ復興を遂げようとしていた。そんな世界で3Dホログラムを用いた「シアトリカルマテリアルシステム」を使った演劇に魅せられ光り輝くステージを目指す少女たちがいた。それぞれの思いを胸に今、ステージの幕が上がる。

守野せりあ役を赤尾ひかるさん、各務あいり役を持田千妃来さん、雛咲いずみ役を諏訪彩花さん、榊原かをる役を花澤香菜さん、ドール役をM・A・Oさん、浅葱晃役を山本希望さん、藤田愛美役を髙野麻美さん、山本和春役を秋吉あやさん、中村繭璃役を佐藤亜美菜さん、竹崎宏和役を鳥海浩輔さん、樋口真琴役を八島さららさん、日向智子役を水橋かおりさんが演じる。

(C)ゲキドル製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年10月22日(金)

2021年10月21日(木)

2021年10月20日(水)

2021年10月19日(火)

2021年10月18日(月)