■ 「はたらく細胞BLACK」10話。潰瘍起こし粘膜はがれる胃に奴が

2月27日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「はたらく細胞BLACK」第10話 「胃潰瘍、友情、喪失。」のあらすじと場面が公開された。
「命が惜しい奴は遠慮なく帰ってくれ……見ての通りここじゃロクな死に方しねぇぞ」
赤血球たちに緊急招集が掛かる。持てる限りの酸素を持って現場へと向かった赤血球たちの眼前に広がっていたのは、潰瘍を起こし、大きな亀裂ができた胃だった。漿膜(しょうまく)まで穴が空いてしまったら最後、胃がメルトダウンしてしまう。胃酸が噴き出し、いつ命を落としてもおかしくない状況で、赤血球たちは必死に酸素を運ぶ。しかし胃粘膜は次々はがれ、炎症が進行していく。そんな最悪の環境の中、ついに『奴』が現れる。

■TVアニメ「はたらく細胞BLACK」とは
原作:原田重光先生/漫画:初嘉屋一生先生/慣習:清水茜先生の同名コミックが原作。監督は山本秀世さん、シリーズ構成は森ハヤシさん、キャラクターデザインは安彦英二さん、音楽は菅野祐悟さん、アニメーション制作はライデンフィルム。

毎日せっせと体中に酸素を運ぶ、新米赤血球。しかし彼の職場(世界)の労働環境は、徹底的にブラック――!! 飲酒、喫煙、ストレス、睡眠不足……不健康の総合商社のような世界で、過重労働の末に細胞たちは何を思うのか? これは、あなたの体の物語――。

赤血球役を榎木淳弥さん・KENNさん、白血球(好中球)役を日笠陽子さん・Lynnさん・内山夕実さん、主細胞役を鳴海崇志さん、血小板役を久保ユリカさんが演じ、ナレーションを津田健次郎さんが担当する。

原作コミックは第7巻まで発売中だ。

(C)原田重光・初嘉屋一生・清水茜/講談社・CODE BLACK PROJECT
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年10月23日(土)

2021年10月22日(金)

2021年10月21日(木)

2021年10月20日(水)

2021年10月19日(火)