■ 「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」津田健次郎、石川由依ら

5月7日に公開される「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の追加キャスト8名が発表された。ガウマン・ノビル役を津田健次郎さん、エメラルダ・ズービン役を石川由依さん、レイモンド・ケイン役を落合福嗣さん、イラム・マサム役を武内駿輔さん、ミヘッシャ・ヘンス役を松岡美里さん、ミツダ・ケンジ役を沢城千春さん、メイス・フラゥワー役を種﨑敦美さん、ハンドリー・ヨクサン役を山寺宏一さんが演じる。

▼ガウマン・ノビル(CV:津田健次郎さん)
数々の大戦を戦い抜いてきたベテランパイロットのマフティーメンバー。顔に大きな傷を持つのが特徴。搭乗機のコールサインはメッサー2。

▼エメラルダ・ズービン(CV:石川由依さん)
ハサウェイを迎えにダバオに送られた姉御肌のマフティーメンバー。技量的な問題で正規のMSパイロットになれなかった過去を持つ。

▼レイモンド・ケイン(CV:落合福嗣さん)
1ギャルセゾンのキャプテン。マフティーメンバー。体格がよく大柄な男性だが、仲間思いな一面も見せる。

▼イラム・マサム(CV:武内駿輔さん)
マフティーの支掩船ヴァリアントの副長兼参謀格のマフティーメンバー。ハサウェイの事情を知っている良き理解者。

▼ミヘッシャ・ヘンス(CV:松岡美里さん)
マフティーの諜報員兼オペレーター。マフティーの活動に没頭している真面目で勉強熱心な少女。ダバオでハサウェイに接触する。

▼ミツダ・ケンジ(CV:沢城千春さん)
マフティーの活動に対する意識は低いが、優秀なドライバーの現地諜報員。ダバオでハサウェイに接触する。

▼メイス・フラゥワー(CV:種﨑敦美さん)
きれいなブロンドヘアーと口元のホクロが特徴的なハウンゼン356便の客室乗務員。ケネスに口説かれた際には大人な対応をみせる。

▼ハンドリー・ヨクサン(CV:山寺宏一さん)
マン・ハンターを従える刑事警察機構の長官。アデレード会議に参加するためハウンゼン356便に搭乗し、地球へ下りてきた。

松竹マルチプレックスシアターズの系列の映画館に、幕間で使用されている告知映像が初解禁された。

一年戦争で出会った宿命のライバル、アムロ・レイとシャア・アズナブル。二人の戦士の意志を継いだ青年ハサウェイ・ノアが今立ち上がる…。謎の美少女ギギ・アンダルシアやケネス・スレッグ、Ξガンダムが飛んでいる姿、ハサウェイが「シャアが起こした反乱も、あの時死んでいった人たちも慰められない…」と涙するシーンなどを見ることができる。

第二次ネオ・ジオン戦争(シャアの反乱)から12年。U.C.0105??。地球連邦政府の腐敗は地球の汚染を加速させ、強制的に民間人を宇宙へと連行する非人道的な政策「人狩り」も行っていた。そんな連邦政府高官を暗殺するという苛烈な行為で抵抗を開始したのが、反地球連邦政府運動「マフティー」だ。リーダーの名は「マフティー・ナビーユ・エリン」。その正体は、一年戦争も戦った連邦軍大佐ブライト・ノアの息子「ハサウェイ」であった。アムロ・レイとシャア・アズナブルの理念と理想、意志を宿した戦士として道を切り拓こうとするハサウェイだが、連邦軍大佐ケネス・スレッグと謎の美少女ギギ・アンダルシアとの出会いがその運命を大きく変えていく。

ハサウェイ・ノア役を小野賢章さん、ギギ・アンダルシア役を上田麗奈さん、ケネス・スレッグ役を諏訪部順一さん、レーン・エイム役を斉藤壮馬さん、ガウマン・ノビル役を津田健次郎さん、エメラルダ・ズービン役を石川由依さん、レイモンド・ケイン役を落合福嗣さん、イラム・マサム役を武内駿輔さん、ミヘッシャ・ヘンス役を松岡美里さん、ミツダ・ケンジ役を沢城千春さん、メイス・フラゥワー役を種﨑敦美さん、ハンドリー・ヨクサン役を山寺宏一さんが演じる。

(C)創通・サンライズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年10月22日(金)

2021年10月21日(木)

2021年10月20日(水)

2021年10月19日(火)

2021年10月18日(月)