■ 「オルタンシア・サーガ」6話。危機に瀕したマリユスを守った物

2月10日よりTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「オルタンシア・サーガ」第6章「真偽 ~王女の重み~」のあらすじと場面、予告が公開された。
マゴニアの伝承“王女と巨人”が残るというジュアン島へやってきたアルフレッド一行。この島に現れたと言う、行方不明のマリエル王女を名乗る少女と、そこに集う義勇軍の真相を確かめるべく。義勇軍のリーダー・ジムと、その幼なじみで偽王女を演じるマリー。彼女に自身を重ね、心が揺れるマリユス。アルフレッドたちの説得で真実を明かすことを約束したマリーであったが…。そこへ突如現れたダーイラの双子と魔物たち。危機に瀕したマリユスの身を守ったものとはー。真実と偽りが交差する中で、マリユスは何かを決断する。

■TVアニメ「オルタンシア・サーガ」とは
iOS/Android向け同名戦記RPGが原作。監督は西片康人さん、シリーズ構成は池田臨太郎さん、キャラクターデザインは小野田貴之さん、音楽はZENTAさん、アニメーション制作はライデンフィルム。

イエペタス半島に700年の歴史を誇る大国――オルタンシア王国。その豊穣な土地を狙う周辺国によって幾度となく侵略の脅威に晒され続けるも、王国に仕える二大公国――オリヴィエ公国とカメリア公国が剣と盾となり、長きに渡って戦禍を免れてきた。しかし、聖王暦767年12月5日。オルタンシア王国に対し、カメリア公国が突如反旗を翻す。カメリア公国の反逆、そして反乱と時を同じくして現れるようになった魔物によって、オルタンシア王国に混迷の時代が訪れようとしていた……戦乱の世で、様々な運命に翻弄されていく騎士たち。悲劇から始まった宿命の継承と戦いが、動き出す。

アルフレッド・オーベル役を細谷佳正さん、マリユス・カステレード役を堀江由衣さん、モーリス・ボードレール役を津田健次郎さん、ノンノリア・フォリー役を上田麗奈さん、クー・モリモル役を内田彩さん、デフロット・ダノワ役を梅原裕一郎さん、フェルナンド・オーベル役を子安武人 さん、レオン・D・オリヴィエ役を柿原徹也さん、アーデルハイド・オリヴィエ役を小林ゆうさん、ルギス・F・カメリア役を乃村健次さん、ロイ・バッシュロ役を江口拓也さん、ベルナデッタ・オーベル役を大坪由佳さん、アレクシ・バルデブロン役を堀江一眞さん、ディディエ・ヴィアルドー役を池田秀一さんが演じる。

(C)オルタンシア・サーガ製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年10月23日(土)

2021年10月22日(金)

2021年10月21日(木)

2021年10月20日(水)

2021年10月19日(火)