■ 「ましろのおと」に梅原裕一郎、畠中祐、三上枝織、逢田梨香子

TVアニメ「ましろのおと」の放送情報が発表された。4月2日よりMBS/TBS/BS-TBS“アニメイズム”枠にて放送される。

TBS 4月2日から毎週金曜26:25~
MBS 4月2日から毎週金曜26:25~
BS-TBS 4月2日から毎週金曜27:00~

雪と実力派の津軽三味線奏者・神木清流が演奏シーンが描かれた第2弾キービジュアルが公開された。

神木清流役を梅原裕一郎さん、田沼総一役を畠中祐さん、田沼舞役を三上枝織さん、立樹ユナ役を逢田梨香子さんが演じる。

▼神木清流(CV:梅原裕一郎さん)
津軽三味線の全国大会を二連覇した実力派奏者。出身校である梅園学園に置いていった三味線をきっかけに、三味線愛好会の面々と出会う。神木清流は名取名(芸名)であり、本名は緒方洸輔。

▼田沼総一(CV:畠中祐さん)
神木清流の師範である神木流絃を父に持つ。マイペースで子供っぽいが、三味線奏者としての腕は一流。三味線の演奏やチームの印象をお菓子に例える独特のセンスを持つ。

▼田沼舞(CV:三上枝織さん)
田沼総一の妹。雪と三味線の大会で競えなかった事から、父・流絃に認めておらえず、それを根に持っている。以来、雪を一方的にライバル視している。結とはネットゲーム上の知り合い。

▼立樹ユナ(CV:逢田梨香子さん)
キャバクラで働きつつグラビアアイドルを目指す女性。彼氏であるタケトのバンド活動を金銭的に支えている。東京に来たばかりでトラブルに巻き込まれていた雪を見かね、自分の部屋に居候させた。

■TVアニメ「ましろのおと」とは
羅川真里茂先生による津軽三味線×青春ストーリー。監督は赤城博昭さん、シリーズ構成は加藤環一さん、キャラクターデザインは真島ジロウさん、津軽三味線監修は吉田兄弟、アニメーション制作はシンエイ動画。

伝説的な腕を持つ、津軽三味線の奏者・澤村松吾郎。彼を祖父に持つ少年・澤村 雪は、祖父の死をきっかけに、三味線を弾けなくなった……。“好きな音”を失い、アテもなく上京する雪。キャバクラで働く女性「立樹ユナ」に助けられた雪は、ライブの前座として津軽三味線の演奏を披露することになる。雪は、様々な出会いを、想いを三味線の音色にのせて弾く。自分の音を、自分の想いを探しつづけて――

澤村雪役を島﨑信長さん、澤村若菜役を細谷佳正さん、前田朱利役を宮本侑芽さん、山里結役を近藤玲奈さん、矢口海人役を岡本信彦さん、永森雷役を鈴木達央さん、澤村梅子役を本田貴子さん、神木清流役を梅原裕一郎さん、田沼総一役を畠中祐さん、田沼舞役を三上枝織さん、立樹ユナ役を逢田梨香子さんが演じる。

原作コミックは第26巻まで発売中だ。

(C)羅川真里茂・講談社/ましろのおと製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年10月23日(土)

2021年10月22日(金)

2021年10月21日(木)

2021年10月20日(水)

2021年10月19日(火)