■ 「デート・ア・バレット」時崎狂三などメインキャラの設定画が公開

アニメ化企画が進行中と発表されている「デート・ア・バレット」のメインキャラクターの設定画が公開された。

▼時崎狂三(CV:真田アサミさん)
如何な経緯かは不明であるものの、隣界に迷い込んでしまった精霊の少女。元いた世界では《最悪の精霊》とまで呼ばれるほど、冷酷・残忍な性格で知られていた。しかしながら彼女の行動の裏には確固たる目的意識が垣間見えることも多く……。時を操る12の弾丸を有する強大な天使《刻々帝(ザフキエル)》の使い手であり、準精霊(じゅんせいれい)しか存在しない隣界において、彼女に比肩する存在などあり得るはずもないのだが……。

▼白の女王(CV:大西沙織さん)
白の女王と呼ばれている謎の少女。軍服に身を包み、色違いの両眼(オッドアイ)を有しているということ以外、その存在は謎に包まれている。今回の殺し合い(バトルロイヤル)への参加すらも定かではないが、《第十領域(マルクト)》において準精霊と一線を画する存在であることは疑いないようである。狂三とも、なにやら因縁があるようだが……。

▼緋衣響(CV:本渡楓さん)
狂三に生命を助けられ、協力者となる準精霊の少女。大した力はないらしく、指宿パニエからは雑魚呼ばわりされている。明るく調子がよい性格で、とぼけた部分も多い。ただ、このバトルロイヤルに生命を賭けるだけの動機も持ち合わせている様子。終始狂三に振り回されつつも、この隣界のナビゲーター的な役割を担っていくことに。

▼蒼(CV:伊瀬茉莉也さん)
巨大なハルバードを携えた準精霊の少女。その身体能力は準精霊の中でも群を抜いており、ビスケットを砕くかの如く敵を屠る様から『ビスケットスマッシャー』という別称で呼ばれることも。普段から無口で、何を考えているのか判然としないが、かなりのバトルマニアの模様。隣界に存在しなくなったとされる、災厄的な力を有した精霊――狂三の出現を歓迎しているような節も……。

▼指宿パニエ(CV:日高里菜さん)
幼い令嬢の様な風体の準精霊。だが、その見た目とは裏腹に『人形遣い(ドールマスター)』の通称で恐れられる存在でもある。百を超える人形を個々に使役することが可能で、人形たちは彼女の手足として、統率の行き届いた軍隊と化す。そういった能力の特異性ゆえか、彼女自身、戦略・智謀に長けているようで、なかなかの策士である様子。

▼佐賀繰唯(CV:瀬戸麻沙美さん)
様々な忍の技を駆使する準精霊。主たる武器は苦無(くない)。空蝉も使用可能と、まさに外見通り、忍者・くノ一としての能力を有している。潜伏・幻惑・奇襲……純粋な戦闘力もさることながら、彼女の本当の恐ろしさは、敵の裏をかき、確実性を高めて葬るという、その周到な性格であると言っても過言ではない。

▼土方イサミ(CV:藤原夏海さん)
身の丈に匹敵するほどの日本刀を得物とする準精霊の少女。彼女を言い表すなら、まさに『猪突猛進』。秀でた身体能力を駆使し、とにかく斬って斬って斬りまくる。《第十領域(マルクト)》において、音に聞こえた実力者の一人として認められている。

〈最悪の精霊〉時崎狂三 顕界──この世界とは異なる隣界より顕現し、地上に厄災をもたらす精霊と呼ばれる少女たち──或る者は無垢であり、或る者は救いを求め、そして或る少女は己の目的のため、自らの心を殺し続けた──第3の精霊、コードネーム<ナイトメア>。時間を操る規格外に強大な天使<刻々帝(ザフキエル)>を行使し、その行動、思想、そして目的に至るまで数多の謎を抱えた最悪の精霊・時崎狂三──彼女が舞い降りたのは、人間も、精霊すらも存在しない隣界の片隅だった……全世界シリーズ累計発行部数600万部の大人気ライトノベル『デート・ア・ライブ』。その中でも異色の存在感を誇る時崎狂三のスピンオフ作品が新作アニメ化!彼女の左眼に刻まれる狂三だけの戦争デートの引鉄が今、引かれる──

監督は中川淳さん、脚本は東出祐一郎さん、キャラクターデザインは中村直人さん、アニメーション制作はGEEKTOYS。

時崎狂三役を真田アサミさん、白の女王役を大西沙織さん、緋衣響役を本渡楓さん、蒼役を伊瀬茉莉也さん、指宿パニエ役を日高里菜さん、佐賀繰唯役を瀬戸麻沙美さん、土方イサミ役を藤原夏海さんが演じる。

(C)2020 東出祐一郎・橘公司・NOCO/KADOKAWA/「デート・ア・バレット」製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年10月25日(月)

2021年10月23日(土)

2021年10月22日(金)

2021年10月21日(木)

2021年10月20日(水)