■ 春アニメ「血界戦線」第1話配信先行上映会が視聴人数限定で実施

4月からスタートするTVアニメ「血界戦線」の第1話配信先行上映会が、4月3日(金)21:00からバンダイチャンネルとdアニメストアで実施されることが決定した。

バンダイチャンネルでは、会員を対象に先着2000人が視聴可能。dアニメストアでは、会員・非会員にかかわらず先着2000人が視聴できる。

「血界戦線」は、「トライガン」など知られる内藤泰弘さんが「ジャンプSQ.」で連載中の新感覚バトルアクション漫画が原作。異界と人界とが交差する街へと変わり果てたかつてニューヨークと呼ばれていた「ヘルサレムズ・ロット」を舞台に、クラウス率いる秘密結社ライブラが世界の均衡を守るためにさまざまなな事件へと挑んでいく物語が描かれる。

豪華声優陣が集結し、クラウス・V・ラインヘルツ役を小山力也さん、レオナルド・ウォッチ役を阪口大助さん、ザップ・レンフロ役を中井和哉さん、音速猿のソニック役を内田雄馬さん、チェイン・皇役を小林ゆうさん、スティーブン・A・スターフェイズ役を宮本充さん、K・K役を折笠愛さん、ギルベルト・F・アルトシュタイン役を銀河万丈さん、フェムト役を石田彰さん、ブリッツ・T・エイブラムス役を大塚明夫さん、パトリック役を石塚運昇さん、ドグ・ハマー役を宮野真守さん、デルドロ・ブローディ役を藤原啓治さん、ツェッド・オブライエン役を緑川光さんが演じる。

なお、4月4日のMBSを皮切りに順次放送される第1話「魔封街結社」の先行場面カットも到着したので、合わせて紹介しよう。






TVアニメ「血界戦線」第1話「魔封街結社」あらすじ
現世と異界が交わる街「ヘルサレムズ・ロット」を訪れた少年・レオ。別人と間違えられ、摩天楼の中心に建つとあるビルへと連行された彼は、そこで世界の均衡を保つことを目的に活動する秘密結社「ライブラ」のリーダー・クラウス、そして彼の仲間たちと出会う。その直後、街では突如現れた「召喚門(ゲート)」から、右半分だけの異形の怪物が出現。事件の仕掛け人“堕落王”フェムトは、数分に一度だけ開くゲートから怪物の残り半分が出現すると人々に告げる。怪物が自分の半身を見つけ出し合体を果たせば、街はたちまち廃墟と化してしまう……。それを防ぐには、ゲートが開く度に起こる「真っ二つパーティー」を目印に、怪物より先にゲートを探し出し破壊しなければならない。レオたちはフェムトの“罠”をくぐり抜け、事件を解決できるのか。


(C)2015 内藤泰弘/集英社・血界戦線製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年12月3日(金)

2021年12月2日(木)

2021年12月1日(水)

2021年11月30日(火)

2021年11月29日(月)