■ 春アニメ「血界戦線」の放送日時が決定、釘宮理恵の配役も決定

4月からスタートするTVアニメ「血界戦線」の放送日時が決定した。

●MBS 4月4日より 毎週土曜日 26:28~
●TOKYO MX 4月5日より 毎週日曜日 24:00~
●BS11 4月5日より 毎週日曜日 24:30~

すでに出演が発表されていた釘宮理恵さんの配役も決定し、主人公・レオの前に現れる謎多き美女・ホワイト役を担当する。ホワイトはオリジナルキャラクターで、松本理恵監督自らが原案を描き起こし、原作者・内藤泰弘さんの監修を受けて誕生した。

さらに、3月21日(土)にお台場シネマメディアージュで、TVアニメ「血界戦線」第1話&第2話先行上映会が開催されることも決定。小山力也さん、阪口大助さん、中井和哉さん、小林ゆうさん、内田雄馬さんが登壇してトークショーも行う。

「血界戦線」は、「トライガン」など知られる内藤泰弘さんが「ジャンプSQ.」で連載中の新感覚バトルアクション漫画が原作。異界と人界とが交差する街へと変わり果てたかつてニューヨークと呼ばれていた「ヘルサレムズ・ロット」を舞台に、クラウス率いる秘密結社ライブラが世界の均衡を守るためにさまざまなな事件へと挑んでいく物語が描かれる。

豪華声優陣が集結し、クラウス・V・ラインヘルツ役を小山力也さん、レオナルド・ウォッチ役を阪口大助さん、ザップ・レンフロ役を中井和哉さん、音速猿のソニック役を内田雄馬さん、チェイン・皇役を小林ゆうさん、スティーブン・A・スターフェイズ役を宮本充さん、K・K役を折笠愛さん、ギルベルト・F・アルトシュタイン役を銀河万丈さん、フェムト役を石田彰さん、ブリッツ・T・エイブラムス役を大塚明夫さん、パトリック役を石塚運昇さん、ドグ・ハマー役を宮野真守さん、デルドロ・ブローディ役を藤原啓治さん、ツェッド・オブライエン役を緑川光さん、ミシェーラ・ウォッチ役を水樹奈々さん、ビビアン役を沢城みゆきさん、マスター役を各務立基さんが演じる。

なお、秘密結社ライブラのメンバーとソニックを演じるメインキャスト7名より、オフィシャルコメントが到着したので、合わせて紹介しよう。


これからご覧いただく皆さまへ、「ここは見逃すな!」という見どころをお聞かせください。
小山力也(クラウス・V・ラインヘルツ役):技名がカッコ良い! そして難しいっ! 絶対不破血十字盾(クロイツシルトウンツェアブレヒリヒ)なかなか言うの大変どっせ。敵の名前も難しいっ! ヴァルクェル・ロッゾ・ヴァルクトヴォエル・ギリカ、こちらもなかなか大変どっせ。

阪口大助さん(レオナルド・ウォッチ役):もう全部が見どころです! ストーリーも世界観もキャラクターもすべて魅力的で。『血界戦線』の世界にどっぷりハマってもらいたいです。

中井和哉さん(ザップ・レンフロ役):全編見どころです。激しいバトルも、激しい技名の乱舞も、激しいボケとツッコミっも見逃して欲しくありません。数話完結型の原作とは異なる、TVシリーズの縦軸となるオリジナルエピソードにも注目してください。

小林ゆうさん(チェイン・皇役):異界と人界の皆様がご一緒に暮らしていらっしゃる、その唯一無二の世界観とキャラクターの皆様がすごく素敵です。異界の皆様も個性豊かです。画面に見切れた異形の皆様もお一人お一人魅力的な方ばかりですので、ぜひご注目して頂けたら嬉しいです。

宮本充さん(スティーブン・A・スターフェイズ役):すべて。と言いたいところですが、敢えて選ぶとすれば……登場人物のキャラクター、息もつかせぬ戦闘シーン、絶妙なセリフの掛け合い……ん~、やはりすべてでしょう。

折笠愛さん(K・K役):戦闘シーンも見応え十分ですが、練られた会話劇にも注目して下さいね。

内田雄馬さん(ソニック役):やっぱり世界観ですね! ヘルサレムズ・ロットには色んな異形が出てくるんです! 形もバラバラで喋りかたも全然違うので、所々出てくる異形に注目しても面白いですよ!! ガヤ収録で異形の出るシーンを録るときはいつもカオスです!

ご自身の役が決まられた時の感想をお聞かせください。
小山力也(クラウス・V・ラインヘルツ役):だからね、レンシューが、練習が必要だなぁと、これはね、これは、一生懸命やらないかんなぁとね、思いましたよ。あの、別にね、他の仕事もね、手を抜いている訳じゃないんですよ。でも、言い慣れない言葉、というか初めて口にする言葉、固有名詞はね、これは貴方、イッショーケンメーにレンシューしないといけませんものね。だからガンバッテますよ、ホント。

阪口大助さん(レオナルド・ウォッチ役):セリフの多そうなキャラだなぁと(笑) その分やりがいがありますし、すごく楽しみにしてました。

中井和哉さん(ザップ・レンフロ役):オーディションではなかったので、本当に申し訳ないんですが決まってから原作を買って読んで、「どなたか知りませんがキャスティングしてくれた方ありがとう!!」となりました。やりがいの詰まった役だと思いました。

小林ゆうさん(チェイン・皇役):チェイン・皇さんを演じさせて頂けることになりまして、もの凄く嬉しかったです。演じることを考えるとワクワクした気持ちと感激で胸がいっぱいになりました。それと同時に身が引き締まる思いです。心から幸せに思います。

宮本充さん(スティーブン・A・スターフェイズ役):実は原作を読んだことがなかったのですが、事務所のスタッフの女性が大ファンで、出演が決まると狂喜乱舞し、コミックを貸してくれました。読んだところ、たちまちそのシュールな世界の虜となり、遅まきながら狂喜乱舞した次第です。

折笠愛さん(K・K役):強くてタフな女性の役を演じるのは久しぶりなので、とてもワクワクしました。

内田雄馬さん(ソニック役):役が決まりましたとお伝えしていただいた時に「猿です」と言われていたんですが、てっきり愛称が猿なだけで人間だと思っていたんです。資料を読んだら、そのまんま猿だったので衝撃でした。言葉を喋らないキャラクターも初めてなので毎回挑戦と思って収録させていただいてます!

ご自身が演じられているキャラクターの注目ポイントをお聞かせください。
小山力也(クラウス・V・ラインヘルツ役):クラウスは紳士です。優しいです。そして牙は目立ちますが、男前です! クラウスは冷静です。クレバーです。そしてゴツイですが、なかなかにエレガントです! クラウスはお固いメガネです。お固いネクタイです。そしてお固いベストですが、脱いだらきっと!貴女を魅了致します!

阪口大助さん(レオナルド・ウォッチ役):フツーさですかね。視聴者と同じ目線で物語をおっています。その分感情移入しやすいのではないかと。ただキメるときはキメますが(笑)。

中井和哉さん(ザップ・レンフロ役):天才的な腕を持っているけどいい加減。仕事熱心だけど女にうつつを抜かす。プライド高いけど時々めっちゃ卑屈。黙ってりゃカッコイイ気もするんだけど余計なこと喋る。人間らしい強さと弱さの共存を見てください。

小林ゆうさん(チェイン・皇役):お仕事に懸命なお姿もすごく凛々しくてカッコイイのですが、時折見せてくださる動揺した時のお顔もチャーミングです。ザップさんには申し訳ないのですが、お二人のやりとりがとても好きです。ザップさんを前にした時のチェインさんにもご注目頂けたら幸いです。

宮本充さん(スティーブン・A・スターフェイズ役):収録初日に、松本理恵監督に言われました。「スターフェイズは渋い二枚目です。ということを本人も意識している男です」。クラウスやザップに比べると、強さや迫力には、やや欠けますが、彼らにはない、渋~く漂う大人の魅力を堪能して頂ければと思います。

折笠愛さん(K・K役):鼻歌を歌いながら銃を撃つところに象徴されるK・Kらしい戦いっぷりと、仲間達との丁々発止。

内田雄馬さん(ソニック役):可愛いところです!! レオの肩にちょこんって乗っかってる姿がすごい可愛いんですよね? その一方で、レオの言ってることを理解したり場の空気を読んだりできるので、中身はしっかりしてると思っています(笑)! 言葉を喋らない子なので、ソニックが感じたことを音で伝えられるように意識しています!

ご覧いただく方々へのメッセージをお願いします。
小山力也(クラウス・V・ラインヘルツ役):そしてそして、クラウスは、いざという時ゃ、やるんです! 難しい名前も、技名も、バッチリ一発で決めるんです! 知的で、そしてセクシーで、そして何と言いましてもね、天界地界、全世界、血界無双、天下無双! もうね、めちゃくちゃ強いんです! そんな、すんばらしいキャラクター! もうね、小心者の僕にピッタリ、ぴったりだと思いませんか!? めちゃくちゃ応援したくなると思いませんか!? 思いますよね? ね!? 皆様、何とぞよろしくお願い致しますね!!

阪口大助さん(レオナルド・ウォッチ役):重厚な物語ですが、ただ重いだけじゃなくライトで笑えるシーンも多くて、本当に間口の広い作品だと思います。原作のファンの方はもちろん、知らなかった方にもぜひ観ていただきたいです!

中井和哉さん(ザップ・レンフロ役):まず観ていただきたい。それが全てです。

小林ゆうさん(チェイン・皇役):『血界戦線』の世界がアニメになって動きだすことが、私も作品のファンの一人として楽しみでなりません。素晴らしいスタッフの皆様とキャストの皆様の中で、私もライブラの一員として全力で演じてまいりたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

宮本充さん(スティーブン・A・スターフェイズ役):超豪華声優陣!毎回、大物ゲストが登場。お金、かかってます。乞うご期待!

折笠愛さん(K・K役):スタッフ・キャスト拘りを持った作品です。どうぞお楽しみ下さい!!

内田雄馬さん(ソニック役):アニメ『血界戦線』は、技名を叫んでから殴る漫画の名にふさわしいパワフルな作品になっています! 秘密結社ライブラの熱い戦いをお楽しみに! ソニックも頑張りまーす!!


(C)2015 内藤泰弘/集英社・血界戦線製作委員会
このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2022年1月27日(木)

2022年1月26日(水)

2022年1月25日(火)

2022年1月24日(月)

2022年1月23日(日)