■ メインキャスト勢揃い「あの夏で待ってる」感謝祭のレポートが到着

10月26日にラフォーレミュージアム六本木で開催された「あの夏で待ってる」のスペシャルイベント「あの夏で待ってる感謝祭@東京」の公式レポートが到着した。

「あの夏で待ってる感謝祭@東京」には、霧島海人役の島﨑信長さん、イチカ役の戸松遥さん、谷川柑菜役の石原夏織さん、石垣哲郎役の荻原秀樹さん、北原美桜役の阿澄佳奈さん、山乃檸檬役の田村ゆかり、りのん役の日高里菜さんのメインキャスト7人に加え、主題歌アーティストのRayさん、やなぎなぎさんが登場した。


イベントはまず、アニメの振り返りトークからスタート。ここでは、イチカに一途だったため、柑菜を傷つけてしまった海人役の島﨑信長さんが女性陣から責められたり、美桜の女子力の高さ、肉食っぷりに感心したりしながら盛り上がる。放送終了から2年以上経っても、当時と同じように大笑いできる。キャストからもファンからも愛され続けている作品なのだなと実感する場面だった。

OVA「あの夏で待ってる 特別編」についても「久しぶりの収録で嬉しかった。こうやって彼らも時を経てるんだなと台本を読んで感じたので、今後も彼らを見守っていきたいなと思いました」と、戸松遥さんが収録の思い出を語っていた。

続く「なつまちキャラクタークイズ」は、キャラクターについてのクイズに、演じた本人以外のキャストが答えていくというもの。夜の部は難易度がグッと上がり、白熱の勝負が繰り広げられた。迷回答、珍回答を繰り返した島﨑信長さん、戸松遥さん、石原夏織さん、日高里菜さんに対し、荻原秀樹さん、阿澄佳奈さん、田村ゆかりさんはハイレベルな争い。“なんとなく”で、超難問を正解し続けた田村ゆかりさんが演じていた檸檬ばりにミステリアスな強さを発揮し、トップになっていた。

朗読「特別編・あの夏で逢ってた」は、OVAより後の話で、それぞれの高校卒業後の初めての夏の模様が描かれた。オンラインゲーム中に、檸檬先輩の策略で仲間割れをし、最後はギスギスして終わるという、ある意味“なつまつ”らしいストーリー。離れていても仲がいいという意味で、ホッとしたし、キャストの仲の良さも伝わってくるお芝居だった。


Rayさんとやなぎなぎさんのライブは、お互いこの作品がデビュー作ということで、思い入れの強さを感じるステージ。TVアニメの主題歌とOVAの主題歌、それぞれ2曲ずつ披露した。ライブ後は、再び全員が登壇し、ファンへの感謝と“なつまち”に対する愛を語った。そしてまた、みんなで集まれることを願いつつ、イベントを締めくくった。

なお、 「あの夏で待ってる Blu-ray Complete Box」に収録されている「OVA あの夏で待ってる 特別編 Blu-ray」とDVDは11月27日に発売された。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■最新3日分のニュース

2021年10月26日(火)

2021年10月25日(月)

2021年10月23日(土)

2021年10月22日(金)

2021年10月21日(木)